純正部品と互換部品の差って大きく違う?

互換部品は非常に安い物が多いけど…

iphoneの故障を修理する時メーカーに依頼すると街の修理屋さんに依頼するよりも高額な修理費を請求されることが良くあります。これはメーカーの場合だと、修理の際に実際に機器に使っている純正の部品を使用しているためです。もともと純正部品は数はあまり多くなく、特に海外のメーカーだと純正部品で修理しようとなるとかなりの額が修理費で飛ぶことになる原因になります。 逆に街の修理屋さんが修理の際使用している部品は様々なメーカーの製品でも動作を行うことができる互換部品なので純性の部品よりも数が揃いやすく修理費用を安く抑えられるのです。 でも互換部品は何となく純正部品よりも性能の差が非常に大きいと考えてはいませんか。

きちんとしたメーカーを選べば性能に差がない

結論から言うと信頼できる業者が作った互換部品であれば純正部品と比べて大きな差は存在しません。 確かに、純正部品よりも性能が劣っている互換部品もありますが、中にはメーカーに納入している部品会社が独自に販売している互換部品もあります。部品の性能や内容は全く同じでも、メーカーから供給されていなければすべて互換部品になるのでこのような互換部品は性能や内容も純正部品と比べてほとんど差はありません。 そのため、このような純正部品と同等の性能を持つ互換部品を修理の材料に使っている街の修理屋さんではメーカーで修理を依頼するよりも安い修理費用でメーカーと同等の修理を行うことができます。 もし、街の修理屋さんにiphoneの修理を依頼する際にはこのような互換部品を修理に使っている業者さんを選ぶようにしておくと失敗しませんよ。

iphone修理を仙台で行う際には、修理実績の豊富さや保証の有無などをチェックすることで、信頼できる業者が見つかります。