メーカーの保証って残されるの?

iPhoneの保証は1年間

iPhoneを新品で購入した場合、1年間のメーカー保証がつきます。通常使用の範囲内で発生した不具合や故障に限られますが、1年以内であれば無料で修理を受けることができます。正規店で修理を受けた場合、修理を受けたからといって残っている保証期間がなくなるということはありません。それに対して、非正規店や個人で修理を行った場合は、iPhoneの裏蓋を開けただけで保証期間が失われてしまうことが殆どです。そのため、保証期間が残っているのであれば、修理の方法は慎重に選ぶことが大切です。画面のヒビ割れのように無料修理の対象外となる不具合であっても、正規店で修理を受けるようにすれば残りの保証期間の消滅を防ぐことができます。

非正規店での修理の場合は

急いで修理が必要な場合は、飛び込みでも利用可能な非正規店が便利です。ヒビが入ってしまった画面やバッテリーの交換など、大抵の不具合は問題なく修理をして貰うことができるでしょう。しかし、どんな修理内容であっても依頼をすれば保証期間は失われます。メーカー保証の期間が過ぎており、残りの保証期間を気にしなくて良い状態であれば、非正規店を選ぶというのも有効な方法です。ただ、どんな状況であれ、一度でも非正規店や個人で修理を行ったiPhoneは、正規店での修理やサービスの対象外となる可能性が出てきます。不具合は常に非正規店で解消するというのであれば、特に問題はありません。ただ、正規店の修理の方が良いと考えるのであれば、非正規店に持ち込む前に正規店で相談をしてみることがおすすめです。

iphoneの修理を川崎で依頼をする際には、業者ごとの過去の修理の事例や料金システム、納期などを比較することが大切です。